初めてのかみそり……サメ肌って?!

わたしが自分のムダ毛でショックを受けたのは、中学生のころでした。
そのころから、周りはみんな腕の毛やすねの毛をそり始めていました。当然だと思います。夏の制服から出ている腕や足に毛が生えていたらやっぱり恥ずかしいですから。

わたしも、剛毛ではなかったものの、毛が気になり始めて、お母さんに言って除毛クリームやかみそりの使い方を教えてもらいました。

一番初めに毛の処理で使用したものが、かみそりでした。
除毛クリームは時間がかかるし、肌がかぶれそうな気がしたからです。もともと肌が弱かったわたしは、まずは肌への負担が少なそうで、手軽にできるかみそりを使いました。

お風呂のときに、慎重に毛をそって、お風呂上り、綺麗につるつるとした肌にうっとりしました。

翌日、学校へ行くと、友達の一人がわたしが剃ったことに気が付いて、「あ、綺麗になってる! いいね、つるつるだ」と笑ってくれました。
わたしも照れ笑いを返しました。
そこまでは、よかったのです。

しかし、そのあと、別の友人が話に加わり、何の気なしにわたしの剃った腕を触りました。
そのとたん、その友人は驚いた顔をして、大きな声で「ええ! なんでこんなザラザラなの?! サメ肌だったの?! わあ~触ったらすごい痛かったよー!」と面白おかしく言ったのです。

わたしは顔から火が出そうでした。

実際ほかの人の剃ったあとの肌に触ったことはなかったので、みんな剃った後もモチモチで、実はそれが剃ったあとすぐにきちんと保湿した結果、など、まったく知らなかったのです。

その日から剃ったあとは必ず保湿をするように心がけています。
見た目だけでなくて、触ってもモチモチ柔らかい肌を常に維持できるようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です